不動産の名義変更(相続登記)の方法

不動産の名義変更(相続登記)の大きな流れは以下になります。

①戸籍・原戸籍等で相続人を確定する。
遺産分割協議書で、相続財産の分割方法を正式に決定する。
③登記に必要な種類(評価証明書、住民票等)を収集する。
④登記申請書を作成する。
⑤法務局に申請する。

※間違いなく不動産登記を進めるために、登記申請は専門家である司法書士にご依頼いただくことをおすすめ致します。
当センターでは、①~③までのサポートを行っております。
④⑤に関しては、協力先の司法書士をご紹介しております。

相続登記の手続きの進め方

登記に必要な書類は、どのように遺産分割の協議が行われたかによって必要な書類が異なってきます。
具体的には以下の通りです。

<法定相続人が一人の場合、または法定相続分で相続をする場合>

①被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
②法定相続人の戸籍謄本
③法定相続人の住民票
④相続する不動産の固定資産税評価証明書

※書類は、市区町村役場で取得することができますが、東京23区の不動産についての固定資産税評価証明書は都税事務所で取得しなければなりません。

<遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合>

①被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
②法定相続人の戸籍謄本
③法定相続人の住民票
④相続する不動産の固定資産税評価証明書
⑤法定相続人の印鑑証明書
⑥遺産分割協議書

遺産分割協議書については、遺産分割のページで作成した協議書をそのまま使用することができます。

相続登記の申請書の作成

登記の申請書の作成については状況によって複雑に変化するものなので、詳細の解説は控えさせていただきます。
登記の申請は、登記の申請書に集めた書類をクリップで止めて、相続する不動を管轄とする法務局(登記所)に登記の申請をいたします。

提出した書類に不備がなければ1週間くらいで登記が完了し、不動産の名義変更が完了します。
登記を申請する際には税金(登録免許税)の納付が必要になります。

なお、そのときに必要になる税金(登録免許税)は、固定資産評価証明に記載されている不動産の価格に1000分の4を乗じた価格となります。

土地を分けてから相続登記をする場合

相続人で、土地を複数の土地に分ける場合には、相続の登記の申請をする前に、その土地を物理的に分ける手続きをする必要がでてきます。

この場合には地積測量を行い、1つの土地を複数の土地に分ける手続き(土地分筆登記)の申請が必要になります。
その手続きのあとに各相続人名義に相続の登記を申請することになります。

不動産登記に関する手続きは、司法書士が対応可能です。

まずは、遺産分割協議書作成の手続きから、当センターにお気軽にご相談ください。

当事務所の相続登記に関するサポート

相続登記

不動産の相続に関して、以下のようなことにお悩みではありませんか?

「忙しくて市役所や法務局に行く時間がない」
「遺産相続した「土地」や「建物」の名義変更をどうすればいいか分からない」
「相続登記はいつまでにしなくてはならないのか分からない」
「相続登記にはどんな書類を準備すればいい?」
「土地の名義変更の際に、相続人の中に行方不明者がいて手続きが分からない」
「生前贈与により取得した不動産の名義変更を行いたい」
「不動産の売買により、住宅やマンションの名義変更をしたい」
「専門家に依頼すると費用が高そう」

上記のようなお悩みをお持ちのお客様のために、大阪相続遺言相談センターでは、
不動産の名義変更(相続登記)でお困りのお客様の相続のお悩みにお答えします。

当事務所の相続登記へのサポートに関して詳しくこちら>>

 

関連するページ