㊶遺言は、転ばぬ先の杖!?

2016/11/06

遺言書とは・・・

遺言書、それは書く人の大切な人へのラストメッセージ。

遺言書、それは書く人の後世の世への贈り物。

遺言書、それは書く人がつなげる愛の形。

 

遺言書を書くこと、それは書く人の勇気の表れ。

遺言書を書くこと、それは書く人の人生の結晶。

遺言書を書くこと、それは書く人が大切なものを守りぬくこと。

 

遺言書によって伝わるだろうか?

遺言書で想いは届くだろうか?

これから先も続く永い世に、自分の足跡を残せるのだろうか?

 

人生を振り返った時に、本当に大切な人は誰だったのだろうか?

ひとそれぞれに自分に関わりのある大切な人であったかもしれない。

遺言書それ自体は自分を見つめるためのツールなのかもしれない。

 

後悔先に立たずを実感する時

よく相談にあるのが、遺言書でも残してくれればよかったのに。

けど言い出せないので・・・とまさにその通りかもしれませんね。

遺言を残してね。それ自体を話すと、もうさよならだから的なニュアンスが

含まれ、前向きにとらえることが出来る方はそうはいないでしょう。

 

後は勝手にしてください。というかたも少なくないかもしれません。

答えは、時間がたたなければわかりませんが、1つ云えることは、

対策を講じることはできるのです。

ただ、遺言書で思い通りに書くのではなく、思い通りの真の意図を見い出し

それを実現するための遺言書を作る事。それが大切な人を守る事。につながる

のではないでしょうか。

遺言書は、終焉に作るものではなく、今つくるものです。

もう少ししてから。は、何のためらいなのでしょうか、よく見てみる必要が

ありそうですね。

 

 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

相続・遺言スタッフ日記の最新記事