㉟ラストリクエスト~遺言書による想いは、大切なあなたへ~

2016/09/25

遺言に込められた想い

主演三上博演じるドラマ『遺産相続弁護士 柿崎真一』も妻からのラストリクエストを受けて最終回の幕を閉じました。

 

コメディ色を前面に押し出しながら、シリアスな相続問題を解決していくのですが、

このドラマの醍醐味は、楽しさはもちろんですが、それ以上に、遺言に残されたメッセージに秘められた想いを柿崎真一が紐解いていく。

一見、考え過ぎ?そのような気もしますが、私はとても重要なポイントを描写している作品に感じました。

 

実務においては、相談者の皆様がどの遺産が誰に相続されるのか?それは有効か?無効か?などの相談が大多数を占めています。

これに応えながら手続きを進めるわけですが、私は、いつも残された遺言を見て感じるのは、なぜこのような分け方なのか?ということです。

 

親の想いを受け止めるという真実

相続人からすると、私がお世話していたのに・・私が通って面倒みていた・・など多々ございますが、遺言者からの視点に立つことは、当事者である相続人には意外に難しいのかもしれません。

 

親が遺言で一方の子どもに多く財産を残すこと。これは何を意味するのでしょうか?

財産を少ししか貰えない子供からすると、私を嫌っていた。他の兄弟へのえこひいきだ。と感じてしまうかもしれません。

 

しかし真実は少し違うかもしれません。

財産を沢山残さなくても、その子はしっかりと生きていける、と確信しているからこその分け方かもしれません。はたまた、しっかりはしているが、他人への優しさ、思いやりを持ち得てほしいというメッセージかもしれません。

 

親は、常に子を見て、感じています、そして成長を願っているものです。

 

財産だけにとらわれず、遺言者からのラストリクエストを受け取ることが、親から見た子供達の、未来への切符なのではないでしょうか。

 

 

 

 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

相続・遺言スタッフ日記の最新記事