㉝遺産相続すると、生活保護金の全額返還!?

2016/09/11

生活保護法の見解

とある豊中市在住の方からのご相談で、私が亡くなった場合、生活保護を受けている

息子はどうなるのか!?という内容でした。

5年前から生活保護を受けている場合は、全額返金しなければならないのか?

 

生活保護法の解釈の見解を見ていますと、基本的には、財産を形成をなした時点がポイントのようです。要するに例えば、豊中市在住のご相談者様が、明日事故に会い相続開始になったとすれば、生活保護の費用返還金は、明日以降に支給された生活保護金となるということです。

逆にあらかじめ3年前に自分に対して相続財産が入る可能性を知っている場合は、その3年前から現在にいたるまでのすべての、生活保護金の返還を請求されるということになります。

 相続財産>生活保護6ヶ月分の支給額

相続財産を取得した場合、生活保護の支給額の6ヶ月分を超える金額であるか否か?

超える・・・生活保護廃止

以下・・・生活保護停止

の可能性が高いですね。

 

具体的には、豊中市役所に出向いて相談してみることが良いと思われますが、新人ケースワーカーの方に尋ねる場合などは、調べて後日教えてくださいと言って、即答を避けるべきです。即答を求めてしまうと、あべこべな回答になって、余計自身が混乱する事となります。

 

あとは、「仮に」のお話で相談すると、気持ちも軽くなり、落ち着いて話がきけると思いますよ。いきなりあなたの場合は、費用過去5年分全額返還してください!などといきなり回答されると、困惑してしまいますよね。

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

当事務所が大阪の相続で選ばれる理由

安心の無料相談

大阪相続遺言相談センターの専門家は、口で話すだけでなく、ホワイトボードや書面を使ってお客様にわかりやすいように説明することを心がけています。また、十分な相談時間を確保しているため、お客様の納得がいくまでお話をさせて頂いております。

無料相談はこちら

ヨドバシカメラから徒歩1分

大阪相続遺言相談センターは、ヨドバシカメラ・梅田店やグランフロントから徒歩1分、JR大阪駅・阪急梅田駅、地下鉄御堂筋線梅田駅からも徒歩2分の場所にあります。土曜・日曜に梅田を通る際、あるいは通勤の帰りがけなど、お気軽にお越しください。

アクセスはこちら

累計5,000件の相談実績

大阪相続遺言相談センターは、平成19年からインターネットで情報発信をすると同時に、相続に専門特化をし始めました。おかげさまで9年間で累計5,000人以上の方にご相談いただき、現在では紹介でいらっしゃる方、また何度もご相談にいらっしゃる方も増えています。

過去の相談実績はこちら

休日・夜間も電話・面談受付

大阪相続遺言相談センターでは、土曜・日曜も含め、朝9時から夜9時までお電話を受け付けています。また、事務所でのご相談も朝9時~夜9時まで受け付け。ご希望の時間にお電話、ご相談いただけたらと思います。

無料相談はこちら

こだわりのワンストップサービス

大阪相続遺言相談センターは、相続の経験豊富な司法書士・税理士・弁護士などのプロと連携しながらみなさまのお悩みにお応えしております。これまでの経験をもとにお客様に合わせて専門家とタッグを組んでいるので、相続に関するお悩みは大阪相続遺言相談センターにご相談いただければすべて解決できます。

ワンストップサービスはこちら

相続・遺言スタッフ日記の最新記事