子がいない夫婦の相続、兄弟にも権利 遺言が重要

2015/04/12

日本経済新聞にこんな記事が載っていました。
以下、引用。

例えば夫婦のうちの夫が先に亡くなった場合、誰が法定相続人になるかは家族構成によります。
まず子どもがいる場合は単純で、法定相続人は妻と子どもだけです。
法定相続分は妻が2分の1で、残りを子どもの数で割ります。
  子どもがいない場合は複雑です。亡くなった夫の親が存命していたり、兄弟姉妹がいたりすると、その人たちにも法定相続人としての権利があるからです。
兄弟 姉妹がすでに亡くなっていても、おいやめいがいれば、その人たちも法定相続人になります。
相続人の数が多くなればなるほど財産分けについて調整するのはよ り難しくなります。

何か行き詰った際は、ぜひ一度、初回無料の相談をご利用ください。
 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事