「マッサン」の遺言

2015/04/06

あまちゃん以降、ずっとNHK朝の連続小説を欠かさずに見ているのですが、今回のマッサンももちろん楽しくみました。

以下のタイトルを読んで、最初はびっくり!ショック!だったのですが、読み進めるうちに愛は本物だったようで、ちょっと安心です。
しかし、当時は想像もできないくらい大変だったんだろうと思います。

(以下http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150213/Litera_863.htmlより引用)

遺言は「国際結婚だけはするな」…『マッサン』が描かない日本の真実

 夢に邁進するマッサンと、そんなマッサンを実直に支えるエリー。苦労を分け合うふたりの姿はとても美しいもの。……が、じつは、本物のマッサンの遺言は「国際結婚だけはするな」だったというのをご存じだろうか。
 
 こう証言しているのは、マッサンの孫にあたる竹鶴孝太郎氏。ドラマのマッサンのモデルは、ニッカウヰスキー創業者である竹鶴政孝、エリーのモデルはその妻であるリタだが、「週刊ポスト」(小学館)14年12月19日号のインタビューで孝太郎氏は、知られざるふたりの素顔を語っている。
 
 そもそも孝太郎氏は、マッサンの姉が産んだ威氏の子どもであり、威氏はマッサンとリタの養子となっている(威氏は昨年末に逝去)。ドラマでは現在、エマを養女に迎えて仲むつまじく暮らしているが、エマのモデルであるリマは「養母が白人であることでいじめに遭ったらしく、20歳の頃に不仲になってしまったようです」(孝太郎氏)という。
 
 さらに孝太郎氏は、リタ(エリー)の困難も語っている。
 
「町で祖母は人に唾を吐きかけられたり、子供に石を投げられたりしました。祖父に『この鼻がもう少し低ければ、髪の毛の色や目の色が黒かったら』と嘆いたそうです。祖父は自分が彼女を日本に連れてきたがために迫害を受けていることに、責任感と罪悪感を感じて苦しみました」
 
 リタが亡くなるのは1961年、64歳だった。リタが亡くなったその朝、マッサンは「『おばあちゃんが死んじゃった、おばあちゃんが死んじゃった』と、あたりをはばからずに大きな声で泣きわめきました」(孝太郎氏)という。マッサンがこの世を去るのは、それから18年が経った79年。孝太郎氏が最後の見舞いに訪れたとき、マッサンが口にしたのが冒頭で紹介した「お前は国際結婚だけはするなよ」という言葉だった。日本で余計な苦労をかけなければ、もっと長生きできたかもしれない──マッサンのこの言葉には、そんな後悔の気持ちがあったようだ。
 
 マッサンが死に際にあってそんな言葉を口にした背景には、きっと現在からは考えられないほどの差別意識が社会にあったからだろう。

 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事