故 ミヤコ蝶々さんの相続争い

2015/04/04

(http://www.asagei.com/3915 引用元)

 00年10月に死去したミヤコ蝶々(享年80)。その2年後、大阪府箕面市に遺した邸宅など約4億円の遺産を巡り、異父弟妹3人と義弟の間で相続トラブルが報じられた。発端は、義弟が「自分は蝶々の実子」と主張したことに始まった。
 あの「骨肉の争い」から10年。いったいどんな結末を見たのか。
 問題の邸宅は、現在は「ミヤコ蝶々記念館」となっている。HPを見ると、その館長には、義弟の日向利一氏(67)の名前があった。
 その日向氏を直撃した。
 
「大阪家裁で7年間にわたる調停が行われた結果、和解が成立しましてね。08年に、この記念館を開けたんですわ」
 どこか、スッキリした口調で話す日向氏だが、和解に至るまでには、長い道のりがあった。
 
「最初のDNA鑑定は、血族関係のない人間の血で鑑定をされたので、まともな結果が出るわけがない。あらためて、日向本家の3名の血と私の血をアメリカで鑑定してもらった結果、『日向の人間ですよ。母親は日向鈴子(ミヤコ蝶々)に違いない』と出たんですわ。さらに、最高裁で養子でも5年親子関係が続いたら親子であるという判例もあるんですわ」(日向氏)
 
 全部で185坪あった土地の3分の1に当たる65坪を異父弟妹に渡すことで07年に和解が成立。ところが、異父弟妹たちの消息を尋ねると‥‥。
 
「3人とも不慮の事故で亡くなったんですわ。3年前に、分けた65坪の土地も5000万円で買い戻しましたわ。そんな大金をどうしたのかって? 天から降ってきたとでも言うておきますわ。何で、こないなるんやろと、自分でも驚いてますわ」(日向氏)

 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事