相続税は富裕層だけにかかるもの という考えは、もはや通用しない

2015/03/29

ダイヤモンドオンラインにこんな記事が載っていました。
以下、引用。

この1月に改正された相続税法について、改めておさらいしておきたい。
平成26年までは相続税 の基礎控除額が「5000万円+1000万円×法定相続人の数」だった。
替わって27年からは「3000万円+600万円×法定相続人の数」に引き下げら れた。
端的に言うと、基礎控除額が従来の6割になったということだ。

今回の相続税法改正により『相続税は富裕層だけにかかるもの』といった既存の常識は通用しなくなったと言えます。
都心にマイホームがあり、預貯金が少しという標準的な家庭でも、相続税が発生するケースが出てきているのです。
今まで相続税がかかる人は全国的な割合で4%と言われていたが、今後は6%程度になり、地価の高い都心部では10%を超えてくるという試算もあるという。これは相続のノウハウを知る前に、大前提として知っておきたい知識だ。
 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事