タイトー創業者妻の海外遺産、相続税100億円未納

2015/03/01

ゲーム会社、タイトー(東京・新宿)の創業者の妻で、2013年12月に89歳で死去したアシャー・コーガンさんの遺族が、約200億円の海外遺産 にかかる相続税約100億円を納めていないことが27日、関係者への取材で分かった。
遺族は課税対象でないとして、減額更正の請求をしているという。

 関係者によると、アシャーさんは同社の元取締役で生前は都内に住んでいたが、遺産の大半は米国債などで海外にあった。
相続した息子と娘はともに外国籍で、海外に居住しているという。

 相続税は法改正により13年4月から、亡くなった人が国内居住者だった場合、遺族の国籍に関係なく海外遺産にも課税されるようになった。

 遺族側は、海外遺産を含む二百数十億円について税務申告した後、国内遺産分の相続税10億円弱のみ納付。
海外遺産分の減額を求めたという。

 タイトーは、アシャーさんの夫の故ミハイル・コーガン氏が1953年に前身の貿易会社を設立。
72年にタイトーに社名変更し、インベーダーゲームなどをヒットさせた。ミハイル氏は84年に64歳で死去した。
 

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事