黄砂について

2015/02/24

京都では、黄砂がひどかったようですね。
車のフロントガラスにもいっぱい砂がついているので、
いつも黄砂かな?と思いますが、年中ですよね。

(京都新聞より)
京都や滋賀で24日朝、前日夕方に初観測された黄砂の飛来が続いた。京都市内ではもやのような空気に太陽が遮られ、薄曇りに似た天候となった。
 京都地方気象台によると、京都市内では23日午後5時10分から観測した。見通しの効く距離は24日午前9時で約15キロ。東山区の将軍塚から見た市内の眺望は白っぽくかすんだ。彦根地方気象台によると、彦根市内は23日午後5時40分から24日午前8時まで観測した。
 黄砂は中国大陸の砂漠で風に巻き上げられた砂が偏西風に乗って日本上空に運ばれる現象。毎年春に多く観測される。

ハムスターの独り言。
クリックしてねー☆

スタッフ日記の最新記事