相続するなら… 「家なき子」だからできる節税

2014/12/15

日本経済新聞にこんな記事が載っていました。
以下、引用。

相続税制には持ち家に住んでいない相続人を優遇する仕組みがある。
持ち家のない相続人、いわゆる「家なき子」が「小規模宅地等の特例」を使って、亡くなった人の住んでいた家の土地を相続すると相続税の計算上、土地の評価額を8割も下げることができる。
適用面積の上限が来年から拡大することもあって注目が集まっている。
小規模宅地等の特例は評価額を8割下げることで、亡くなった人の配偶者や同居親族が土地を相続しやすくするのが狙いだが、配偶者と同居親族のうち法定相続人がいない場合に限り、離れて暮らす家なき子が相続しても認められる。どんな条件を満たす必要があるのだろうか。

 まずマイホームがなく、ずっと賃貸住宅に住んでいる人が該当する。
持ち家があっても売却したり、賃貸したりして3年が経過すれば家なき子の扱いになる。

スタッフ日記の最新記事