タイの相続税

2014/09/18

「反対するわけではないが…」 タイ財務相、相続税導入に

【タイ】ソムマイ財務相は15日、タイ軍事政権トップのプラユット首相が12日の施政方針演説で年内の導入を明言した相続税について、反対するわけではないが、法制化に向けては、各方面の意見を聞き、時間をかけて慎重にやる必要があると述べ、消極的な姿勢を示した。

 相続税の導入はタクシン元首相派、反タクシン派の双方の政権で幾度も浮上したが、国会議員、幹部官僚の多くが庶民とかけ離れた富裕層であることから、毎回、立ち消えとなった。プラユット首相はタクシン派、反タクシン派の抗争の一因である経済格差の是正に向け、相続税導入に意欲を示しているが、担当閣僚が就任早々、煮え切らない態度を示したことで、早くも先行きに不透明感が漂っている。

 ソムマイ財務相は付加価値税(VAT)についても言及。日本が消費税を引き上げたことを指摘し、「歳出が拡大しており、時期が来たら上げる必要がある」と述べた。2015年10月から10%に引き上げるかどうかについては明言を避けた。

 VATの税率は景気刺激のための時限措置として、1999年4月に10%から7%に引き下げられた。5月のクーデターで発足した軍政は2015年9月末まで7%で据え置くことを決めたが、その後、10%に戻すかどうかは明確にしていない。

〈ソムマイ・パーシー〉
1944年生まれ。米バンダービルト大学経済学修士。財務副次官、タイ・ミリタリー銀行会長などを経て、スラユット政権(2006―2007)で副財務相。

記事引用元(http://www.newsclip.be/article/2014/09/17/23186.html)

スタッフ日記の最新記事