残業代ゼロ(案)が修正の話題

2014/05/27

残業代ゼロ(案)が修正されるようですね。
働き手に良いように変更されるかと思いきや、
年収の条件を外されたら、誰でも残業がなくなる可能性があるってことですよね。仕事の成果で賃金が決まるって政府からの明確な基準が
無い状態でやるのだとしたら、労働者は企業の言いなりですね。
これ以上、収入が減って、税金が増えて、政府はこれで景気が良くなるって本気で思っているんでしょうかね。
目先の事しか見えてない気がしますね。

(以下、朝日新聞より)

労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方をめぐり、政府の産業競争力会議が、対象となる働き手の範囲を見直すことがわかった。当初案は対象に一般社員も加えていたが、「幹部候補」などに限定し、年収の条件を外す。法律で決めた時間より長く働いても「残業代ゼロ」になるとの批判をかわすため対象を狭めるねらいだが、企業の運用次第で幅広い働き手が対象になるおそれがある。

 28日の産業競争力会議に、4月に当初案を提案した民間議員の長谷川閑史(やすちか)・経済同友会代表幹事らが修正案を出す。いまは従業員を一日8時間を超えて働かせたり、深夜や休日に出勤させたりすると、企業には賃金に上乗せしてお金を支払う義務がある。当初案は、時間ではなく仕事の成果で賃金が決まる働き方を提案し、年収1千万円以上の社員のほか、一般社員も対象にするとしていた。

 修正案は、中核・専門的な職種の「幹部候補」などを対象とする。具体的には、新商品の企画開発や会社の事業計画策定の現場責任者を指す「担当リーダー」、ITや金融分野の専門職「コンサルタント」などだ。一方、年収の条件を外し、高年収者でなくても導入できるようにした。

スタッフ日記の最新記事