カラスの生態

2014/04/24

最近春だからかやたらカラスを見かけますね。
ゴミを荒らしたりしているのを見ると不快ではありますが、
生きるために必死なんですね
今回はカラスについて調べてみました(ウィキペディア参照)

生態

鳥類のなかでも最も知能が発達しているとされる。ある程度の社会性を持っており、協力したり、鳴き声による意思の疎通を行っている。遊戯行動(電線にぶら下がる、滑り台で滑る、雪の斜面を仰向けで滑り降りるなど)をとることも観察されている。4色型色覚で色を識別でき、人間と同じRGBに加えて紫外線も識別できる。人間の個体を見分けて記憶したり、植物・家畜やペットを含む哺乳類・鳥類などを区別して認識できるといわれている。

食性

雑食性で生ゴミや動物の死骸をついばんでいるところがよく目撃される。都市部では食物を得るためにごみ集積所を荒らすという行動や、農耕地では農作物を食害するという行動が問題となっている。その他にも昆虫類、小動物(小型哺乳類、鳥類の卵や雛、爬虫類、両生類、ザリガニなど多数)果実、種子、動物の糞なども食べる。ハシブトガラスは動物食傾向、ハシボソガラスは植物食傾向が強い。獲得した食物を物陰に隠し、後で食べるという貯食行動も行う。大型鳥類ということもあり、都市部では、最も馴染みのある鳥類であるドバトを捕食する場面も稀に確認される。

繁殖・営巣

針金ハンガー入りの巣
繁殖期は春から夏で、一夫一妻制で協力して子育てを行う。巣は樹上に小枝を組んで作るが、最近では電柱や看板などに営巣することもあり、また巣の材料も針金・プラスチックなどさまざまなものを利用するようになっている。電柱や送電塔に針金類で営巣した場合、しばしばショートの原因となり、問題となっている。

営巣期間中は縄張り意識が強く、不用意に巣に近づいた人間や動物への威嚇・攻撃行動が見られる。基本的に、まず鳴き声によって威嚇をし、それでも侵入者が立ち去らない場合、相手の頭上近くまで舞い降りてサッと上昇する行動を繰り返す。攻撃行動の多くは、「後ろから頭を蹴りつけるか、頭髪をつかんで引っ張る」というものであり、怪我をした例は全体の17%であったという報告がある。

抱卵期間は20日前後、巣立ちまでの期間は30–40日程度。産卵数は2–5(ハシブトガラス)ないし3–5(ハシボソガラス)程度。

スタッフ日記の最新記事