生前贈与~暦年課税と相続時精算課税について~

2014/02/02

生前贈与でも、毎年の贈与額に対して課税する「暦年課税」ではなく、「相続時精算課税」で贈与する選択肢があります。
この制度を利用すると、贈与時に贈与税を一度支払い、相続時には生前贈与の価額と相続財産の価額を合計して改めて相続税を計算します。
算出された相続税から、すでに支払った贈与税を差し引いて納税することになるようで、支払った贈与税のほうが多ければ払い戻しをしてもらえるということです。
相続税の前払いに見えるかもしれませんが、利点はいろいろあります。
たとえば贈与時に3000万円だった土地が相続時に1億円になっていた場合、合算時も贈与時の評価時の3000万円のままで計算してもらえるということ。
また所有するアパートを贈与すれば、その後発生する賃貸収入が親ではなく子どもの財産になるため、相続財産を実質的に減らすことも可能のようです。
相続時精算課税を選ぶと、暦年課税と併用できず、一度選ぶと暦年課税に戻ることはできないというデメリットもあるようですが、値上がりが見込めたり家賃収入が得られたりする不動産を持っている場合は、検討してみてはいかがでしょうか。
ぜひ一度、初回無料の相談にご来所してみてください。

相続花子

スタッフ日記の最新記事