相続・遺言の話~相続税の増税について~

2014/01/26

相続税増税のスタートまでいよいよ残り1年を切りました。
原則として相続税は、現金で納付する必要があるようです。
増税が現実のものとなれば、相続人は「より多くの現金」を準備しなければなりません。
相続増税の影響を受ける層は、従来に比べて幅広く分布すると予測されるようです。
影響の規模は遺産総額に応じて異なりますが、新制度で課される相続税額が旧制度の税額より大幅に増えるケースは少なくありません。
遺産に現金や換金しやすい有価証券が十分に含まれていれば、瞬間的に膨れ上がる負担に耐えることができます。
しかし、都市部の住宅街にありがちな「自宅のマンション1つ、あとは現金が少し」といったケースでは、納税資金を遺産からではなく、相続人自身の懐から出さなければならないという事態が発生します。
困ったことがありましたら、一度、無料の相談にご来所くださいませ。

相続花子

スタッフ日記の最新記事