初詣の思い出 相続・遺言スタッフのひとりごと

2014/01/02

毎年、年末年始は実家で過ごします。

大みそかは、夕方くらいにおせちを詰め終えて、紅白歌合戦を見ます。
テレビが終わった後は、近所のお寺で除夜の鐘をついて、
帰ってから、年を越したそばを食べるのです。

実家は田舎で山の中です。
近所の寺は、山の上にあります。
寺に行くまでの道のり、とっても星が綺麗なのです。
田舎道は、灯りもなく真っ暗です。町のネオンも全く届きません。
今年は、月の灯りもほとんど無かったので、とっても綺麗でした。
吸い込まれそうな星空でした。
ひそかな新年の楽しみになっています。

今年一年も、無病息災で過ごせますように。

スタッフ日記の最新記事