相続・遺言の話~孫の相続権について~

2013/05/13

子(ここでは夫)が親よりも先に亡くなっている場合はどうなるのでしょうか。
「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」という制度があり、亡くなった人の子がそれ以前にすでに死亡したときは、死亡した子の子、つまり亡くなった人の孫について、なくなった子の代わりに相続できるようになっています。
この場合の孫を「代襲相続人」といいます。
孫が更に亡くなっていて、ひ孫がいる場合にはこのひ孫が代襲相続人(再代襲ともいいます)になります。

相続花子

スタッフ日記の最新記事