相続・遺言の話~寄与分について~

2013/04/28

亡くなった人のために尽くした子とそうでない子であっても、法定相続分は同じです。
つまり、亡くなった人の事業について一生懸命手伝って事業を大きくしたり財産を増やしたり、また被相続人が病気になったときただひとり介護を続けたりしたとしても、考慮されないのです。
不公平な結果となります。
亡くなった人のために尽くした人には多く財産を相続させるということを、民法は「寄与分」という制度で果たしています。
民法第904条の2では次の場合には寄与分として他の相続人より多くの相続を認めます。

「被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者」

相続花子
 

スタッフ日記の最新記事