相続・遺言の話~祭祀財産につて~

2013/04/08

祖先から受け継いでいた系譜・墳墓・祭具などの遺産(祭祀財産といいます)は、相続とは無関係で、遺産分割の対象になりません。
だれが承継するかは亡くなった人がが指定できますが、これは遺言によらなくてもかまいません。
指定する相手は相続人であってもなくてもよく、配偶者でなく内縁の妻であっても可能です。
指定が無ければ相続人の合意によりますが、地方の習慣を考慮してもまらないときは、最終的には家庭裁判所に決めてもらうことになります。

相続花子

スタッフ日記の最新記事