相続・遺言の話~遺言書のすすめ8~

2013/02/03

相続人がまったくいない場合・・・
相続人がまったくいなく、特別縁故者もいなければ、遺産は国のものになってしまいます。
遺言を書くことによって、生前たいへんお世話になった人や、
介護が必要になった際に世話して頂くことを前提に遺産を遺贈する内容のものもいいかもしれません。
また、特定の市町村や公的福祉団体に寄付するという遺言を残すことも可能です。
どのような方法があるか、一度ご相談いただければと思います。

相続花子

スタッフ日記の最新記事