相続・遺言の話~相続登記について~

2012/12/09

不動産の所有者が死亡し相続が開始すると、その相続人に所有権が移転します。
しかし、その不動産の名義を変えるためには、相続登記の手続きが必要になります。
相続登記は、いつまでにしなければならないということはありませんが、
被相続人名義のままではその不動産を売却したり、担保に入れることもできません。
相続登記をしないまま長期に放っておくと、相続人にさらに相続が発生するなどして、
遺産分割協議に加わる人の数が増え、協議がまとまりにくくなることがあります。
以上の理由から相続登記は早めに済ませるのが賢明でしょう。

相続花子

スタッフ日記の最新記事