相続財産の評価方法~宅地その他の土地~

2012/11/12

相続財産の評価方法が定められているのは以下のものです。
なお、評価する時点は相続の時点であり購入価格ではありません。
1つ目. 宅地その他の土地
【土地の評価方式】
① 路線価方式(主に市街地)
② 倍率方式(市街地以外)
【小規模宅地等の特例】
相続により個人が取得した200㎡までの部分(小規模宅地)については、一定割合の評価減をする特例があります。
居住用宅地の場合では、被相続人が居住の用に供していた家屋に同居していた親族が引き続き居住している場合は80%、それ以外の場合は50%の評価減となります。

相続花子

スタッフ日記の最新記事