相続・遺言の話~みなし相続財産4~

2012/10/21

みなし相続財産とは、被相続人が亡くなることによって発生する相続財産のことで、相続税が課税されます。
みなし相続財産には、生命保険金・死亡退職金や功労金・年金・・・・・
そして、4つめは損害賠償保険金で、被相続人が掛金を支払っていたものです。
受取人が法定相続人なら、「500万円×法定相続人数」の金額までは非課税です。
詳しいことについては、当事務所にご相談ください。

相続花子

スタッフ日記の最新記事