相続・遺言の話~遺留分減殺請求書~

2012/08/19

遺留分減殺請求書によって意思表示が、遺留分を侵害している他の相続人や受遺者、受贈者に伝わりさえすれば、法的に遺留分に相当する遺産(価額)は遺留分権利者の所有に属するとみなされ、後は協議や調停等によって取り戻す作業になります。
なお、実際に遺留分減殺請求をするときには、専門家に依頼することを奨めます。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事