相続・遺言~遺留分権利者について~

2012/07/22

遺言書の内容がある相続人の遺留分を侵害していても、その遺言書が無効になることはありません。
遺留分を持つもの(遺留分権利者)は法律で定められていて、配偶者・直系卑属・直系尊属になります。
被相続人の兄弟姉妹には遺留分はありません。
遺留分の遺産全体に対する割合は、相続人が直系尊属だけの場合は3分の1で、それ以外、つまり相続人に配偶者および直系卑属がひとりでもいれば、遺産全体の2分の1が遺留分です。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事