相続・遺言の話~遺留分とはなにか~

2012/07/09

日本は私有財産制度をとっていて、財産は個人の私的所有に属しています。
人は生前に自分の財産を自由に処分できるように、死後の財産の帰属も生前に自由に決定できるというのが、遺言による指定相続分が法定相続分に優先される理由です。
しかし、人は単独で生きていることはまれで、家庭を持ち家族を養って暮らしています。
例えば夫が亡くなり、その夫が稼いだ財産に依存して暮らしてきた妻や子に、遺産が全く留保されなければ、たちまち生活に窮する自体になるかも知れません。
遺留分という制度について、どのように進めればいいかは、面談(初回無料)にてお話しさせていただきますね。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事