相続・遺言の話~死因遺贈の注意点~

2012/07/02

死因遺贈の契約は特に書面による必要はありませんが、口頭では贈与契約を一方的に取り消すことも可能です。

不動産を贈与する場合は、公正証書を組んでおけば贈与者の生存中に所有権移転の仮登記をしておくことができる(始期付き贈与)ので、契約書を取り交わすほうが贈与を受ける者にとっては安心です。

どのような方法があるかは、一度ご相談いただければ、詳しく説明させていただきます。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事