遺言執行者には、誰がなることができるか?

2012/06/11

遺言執行者には、未成年者、成年被後見人、自己破産者以外なら誰でもなることができ、被相続人の配偶者など相続人が指定されることも多いです。
ただし、遺産が多額で複雑、負債が多い、相続人同士の仲が悪い等の場合は、弁護士や税理士などの第三者の専門家が遺言執行者であるほうが無難です。
当事務所に依頼していただくことも可能です。
なお、遺言で遺言執行者が指定されていても、指定された人は受任を断ることもできます。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事