相続放棄と相続『0』とは異なる?!

2012/04/11

というタイトルのものを見つけました。
なるほど文字だけ見ていると、似ているし、同じようなことのように
感じます・・『放棄します』という文言は『いらない』という意味にも
思いますから、相続『0』という意味?かなと思いますよね。
ところがいらないといってもプラスの財産は現にあるものなので
もらわないということも言いやすいですが、見えないマイナスの財産は
気も付かないうちに延滞し、突然通知がきてビックリすることに・・
あなたが相続人ですので払ってくださいみたいな感じで。
ところが裁判上の放棄というのは元々相続人ではなかったという
扱いになるので、当たり前のようにプラスもマイナスも相続しません。
なので全然意味合いが変わってくるんですね。。
幕度

スタッフ日記の最新記事