相続の問題

2012/03/24

行政書士の過去問から

相続欠格と相続人の廃除に関する次の記述は、妥当ですか?

相続欠格においては、その対象者となりうるのは全ての推定相続人であるが、相続人の廃除においては、その対象者となるのは遺留分を有する推定相続人に限られる

正解は
妥当です

スタッフ日記の最新記事