遺贈の問題

2011/10/07

Aが、「甲土地をBに遺贈する」旨の遺言を遺して死亡した。この場合、次の記述のうち、民法及び判例に照らし妥当なものはどれか

ア BがAの遺贈を放棄するには、自己のために遺贈の効力が生じたことを知ったときから3か月以内にしなければならない

イ BがAの相続人であり、甲土地の価格が法廷相続分を下回っている場合には、
Bは、法定相続分に達するまで他の相続財産を取得することができる

正解はイです

スタッフ日記の最新記事