子供の相続分について

2011/10/03

配偶者でも、内縁関係や事実婚の場合(つまり法律婚していない)は、相続人になることはできません。
その子供については、認知をされていれば相続人になることができます。
ただし、現在の法律では、相続でもらえる財産の割合(相続分)は、法律婚夫婦の間の子供の2分の1となります。
亡くなった人に養子がいれば、養子は法的に嫡出子(法律婚夫婦の間の子供)と同じ扱いとなるので、養子は相続人になります。
その場合の相続分は実子と同等です。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事