行政書士試験 相続・遺言の問題

2011/09/27

 もうすぐ行政書士試験がやってきます。
法律と時事問題で構成されている試験となっており、
去年は6.6%の合格率しかない難しい試験となっております。
 問題は行政法と民法が中心となっています。
もちろん民法には相続・遺言の問題が出題されます。
 但し、毎年1問しか出題されず、昨年に至っては司法書士試験の過去問(平成7年度)とほぼ同じ問題が出題されました。
なのでここ最近の難易度はどんどん上がっていると考えられます。
 ですが、出題範囲は毎年、ほぼ決まっているので過去問を中心に勉強するのが一番いい方法だと考えています。 

スタッフ日記の最新記事