遺言執行について

2011/09/13

遺言の執行とは、遺言者の死亡後、
遺言の内容を実現するため必要な行為を行うことをいいます。
また、遺言執行者とは、遺言執行の目的のために特に選任された者をいいます。
遺言により指定された者を指定遺言執行者(民法第1006条)、
家庭裁判所より選任された者を選任遺言執行者(民法第1010条)といいます。
この、遺言執行者には、未成年と破産者を除けば
誰でもなることができます(民法第1009条)。

スタッフ日記の最新記事