戸籍請求について

2011/09/12

 相続の仕事で必ずしなければならないのは、戸籍請求です。
まず、亡くなった方(被相続人)の出生から死亡まで集めるのが基本としています。
しかし、家督相続や分家などがある場合は戸籍をさらに辿る必要があるので時間がかかることがあります。
 また、戸籍収集をして新たに相続人が現れることもあります。
こうなってしまったら、依頼者または当事務所から手紙を出してアプローチをしていきます。
基本的に財産はどれだけあるのか?、どれだけもらえるか?などの質問がでてきます。

スタッフ日記の最新記事