相続~遺言書の書き方4~

2011/09/04

遺留分とは、相続人に最低限保証されている相続分のことです。
例えば、相続人が2人の兄弟だけの場合、「すべての財産を長男に相続させる」とあったとしても、次男には相続分(1/2)の半分の1/4の遺留分があります。
遺留分を侵している場合には、侵されている人から侵している人に遺留分減殺請求をされる可能性があります。
スムーズに相続を終えるには遺留分を侵さないことが大切です。
さらに、遺留分を考慮する際に、何を相続させるかも書いておくといいでしょう。
例えば、4人兄弟で「長男に財産の1/2を相続させる」とだけ遺言に記載されていました。
他の3人の相続人の遺留分はそれぞれ1/8(1/4×1/2)ずつですから、遺留分は侵していません。
しかし、他の3人が何を相続するかでもめてしまっては意味がありませんよね。
遺言では、誰に何をどのくらいと具体的にしておくことが重要です。

相続 花子

スタッフ日記の最新記事