相続放棄について

2011/09/01

民法第938条
相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。

と規定されています。
相続放棄とは、自己のために開始した不確定な相続の効力を確定的に
消滅させることを目的とする意思表示をいいます。
相続人が債務超過である場合に、相続人が不利益を回避することを
目的として利用されます。

スタッフ日記の最新記事