相続の遺産分割が決まらない場合は

2011/08/11

 大阪相続遺言相談センターでは遺産分割協議書や相続関係図を作成して、相続手続きをサポートすることが多いですが、
一方で、遺産分割が決まらないこともあります。 その時には、「内容証明書の作成」を作成して、調停申し立ての準備もしています。
これは、ほとんどのケースでありませんが、遺産分割方法が決まらない時の最終手段ともいえます。
 ほとんどの人が調停などをせず、遺産分割をしたいと思っているはずなので、初回の無料相談で分割案をどれだけ提案できるかで調停を回避することができるかもしれません。

スタッフ日記の最新記事