相続・養子の場合

2011/07/27

養子縁組をした場合、相続はどうなるのでしょうか。
「養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する。(民法809条)」
嫡出子、この言葉よくでてきますが、
ということは、養親子は相互に相続権を有することになります。

ただ、養子には普通養子と特別養子があり、この二つには様々な違いがあります。
相続についても、実は大きな違いがあります。
それは、普通養子の場合は実親子間にも相互に相続権があるのに対し、
特別養子の場合は実親子間での相続権はないという点です。
これは、特別養子の制度趣旨上、当然の規定ですが、
同じ養子でも相続においても大きく異なるので注意が必要です。

スタッフ日記の最新記事